障害福祉事業の担い手をつなぐ ツナグテ

よくあるご質問Q&A

  • 障害福祉事業を譲受したい方
    < 買いたい >
  • 障害福祉事業を譲渡したい方
    < 売りたい >

障害福祉事業を譲受したい方のよくあるご質問< 買いたい >

Q.買いたい事業が決まるまでの相談料は無料ですか? 見つからなくても無料ですか?
はい。ご関心のある案件やご提案する案件をじっくりと検討いただくことができます。案件が成立するまでは無料です。
Q.M&Aというか譲渡に関しては素人ですが理解できますか?
はい。ご理解いただけるまで親身に対応いたします。障害福祉事業がはじめて、かつM&Aを利用して事業開始を検討されている方も多いです。業界の専門用語や商慣習をわかりやすくご説明いたします。
Q.事業を引き継いだ後の運営についても相談して大丈夫ですか?
もちろんです。各種変更届や処遇改善などの複雑な書類手続き、労務管理、なにより事業所の安定的な運営の為に、どのような内容でもアドバイスいたします。
Q.事業は引き継ぎたいけど障害福祉がどんな世界かわからず不安です
障害福祉事業は、地域から必要とされ、利用者の生活になくてはならない、社会的に大変意義のある事業です。これまで多くの施設に関与してきたツナグテのコンサルタントが、日常のよくある事例から、事業所特有のものまで、様々な事情にたいして、親身になってアドバイスいたします。何事にも最初はあります。その最初を一緒にはじめましょう。
障害福祉事業を買いたい方、無料で相談を承ります

障害福祉事業を譲渡したい方のよくあるご質問< 売りたい >

Q.従業員に売却の検討を知られたくないのですが……
事業売却の検討への関与者は少ないほうが良いです。ですから譲渡契約の締結までは、細心の注意を払い、情報保護を行います。情報漏えいについてはご安心下さい。また売却が決定した後も、利用者や従業員の皆様を不安にさせないような内容で案件を進めてまいります。
Q.売却するにしても相手の人柄や事業への考え方を大事にしたいです。面談はできますか?
はい。実際に購入を検討されている方が見つかり次第、必要に応じて何度でもご面談いただき、細かい契約内容については私たちも一緒に検討してまいります。双方がご納得いただける状態でなければ商談は進みませんので、ご安心ください。私たちもご面談させていただき、大切な事業を引き継ぐのに適切な方のみをご紹介させていただきます。
Q.業績が落ち込んでいる施設の売却も可能ですか?相談しても良いですか?
はい。もちろんです。ここまで運営してこられた大切な事業です。赤字でも、業績が落ち込みはじめていても、業績以上の価値があると、私たちツナグテは考えとております。どのようなケースでもまずはお気軽にご相談下さい。
Q.M&Aを利用するメリットはどんなところですか?
売り主側の意向として、ご希望が通りやすい提案ができるところです。また事業所の閉鎖・清算よりも、利用者や職員にとって安心できる形となることがメリットです。
Q.売る側が支払う費用はありますか?
いいえ。売り手側のお客様は、初期的な事前のご相談から、譲渡成立まで完全に無料です。あなたが満足するような解決策を、私たちツナグテにご提案させて下さい。
障害福祉事業を売りたい方、無料で相談を承ります